ザイグルの最新版「ザイグルプラス」は、デザインも洗練され、使い勝手も改良されていますね。

ザイグル プラス.jpg

確かに、これまで様々なザイグルシリーズが出ていましたが、ザイグルの口コミや評判には賛否両論がありました。

鉄板焼きはホットプレート!という今までの文化に慣れていたため、使い方やコンセプトが今ひとつ理解されていなかったためでしょうね。

このあたり、使い方という点においては何度か試してみて、一番美味しい焼き方や熱源の位置、時間などを試行錯誤する必要があるかもしれません。

が、センスがある人は、2,3回試せばすぐに様々な食材で、美味しい焼き方をマスターして重宝しているわけでして、そういう意味では今までなかったモノに対する適応力が問われる調理器具、という事かもしれません。


ザイグルプラスは、基本的には性能に変わりはありませんが、掃除のしやすさが随分と工夫されているようですね。

ただ、1200Wというドライヤー並のパワーは、ブレーカーが気になる所でもあります。

熱で部屋の温度がかなり上がるので、夏はクーラー必須ですし。


ザイグルプラスの評判ですが、赤外線で焼くという基本設計が変わってないので、正直、見た目が良くなっただけのような気がします。




これを新品で購入するのなら、過去のモデルで中古で探してもいいような気がしますね。

私は初期型しか持っていませんが、ザイグルプラスが欲しいとは思いません。


焼き方云々は随分と上達したと思いますが、やはり本体がデカイので、収納場所は未だに解決していません。
ずっとデーブルに置いたままですわ・・・。